So-net無料ブログ作成

「VECTOR BALL」4、5巻感想。 [本]





打ち切りという形でまさかの形で5巻で完結してしまいました。

打ち切りまでの簡単なことは5巻の後書きと作者の公式ブログで見られますが、楽しみにしていた漫画なだけに残念ですが、いくらか衝突があったとしても、読者のためにもう少し詳しい説明や「今後こんな展開にする予定だった」とかの解説はしてほしかったな~と思います。


話の方も、味方になった思念体達と一緒に、侵略派の思念体との戦い、更に一般人の英茶も思念体の力を手に入れたりと、これから面白くなりそうだなというトコでしたので、更に残念ですが、まさか新田が退場したまま終わるとは……、せめて最後に復活させてやるのはできなかったものか……


ガッシュの原稿騒動もありましたが、雷句先生もこれからかなり厳しい事になりそうですが、一応ファンとしては、無理なく書ける環境が見つかるのを祈ります。


戦闘の仕組みも好きだったですし、ちょくちょく入るギャグも好きだっただけに悲しく感じましたが、またどこかで新作を読めたらなと思います。

ではでは。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0